コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑石亭址 ぼうせきていあと

1件 の用語解説(鮑石亭址の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぼうせきていあと【鮑石亭址】

韓国南部のキョンサンプクト(慶尚北道キョンジュ(慶州)市にある、新羅時代の離宮跡。市街の南にあるナムサン(南山)の麓にある。現在は、アワビ(鮑)の形をした石の溝の遺構だけが残された、木々が茂る静かな公園になっている。ここでは新羅時代、歴代の王が宴を開いた場所で、この鮑石の溝に水を流し、流觴曲水(盃を浮かべて漢詩を詠む遊び)を行ったといわれている。◇「ポソクジョンジ」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮑石亭址の関連キーワード慶尚南道慶尚北道全羅北道山腹三福田大邱万福マスコンサンプション安東国際仮面劇フェスティバル慶尚道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone