南山(読み)なんざん

精選版 日本国語大辞典「南山」の解説

なん‐ざん【南山】

[1] 〘名〙
① 南方にある山。特に「陶潜‐飲酒詩」の「採菊東籬下、悠然見南山」より、世俗を離れたすまいから望む山をいう。
※菅家文草(900頃)三・路遇白頭翁「三間茅屋南山下、不農不商雲霧中」
② (「南山の寿」から) 人の長寿を祝うこと。
③ 的をかけるために弓場の正面に設ける山形の盛り土。垜(あずち)。〔俚言集覧(1797頃)〕
[2]
[一] 吉野山をいう。また、南朝の意に用いる。
※古事記(712)上「天の時未だ臻(いた)らずして、南山に蝉のごとく蛻(ぬ)け」
[二] 高野山の異称。比叡山を北嶺と呼ぶのに対していう。
※性霊集‐一(835頃)入山興「南山松石、看不厭、南嶽清流、憐不已」
[三] 江戸、芝の三縁山増上寺の異称。
※雑俳・柳多留‐一〇六(1829)「南山の和尚雨夜に品さだめ」
[四] 中国の長安(現在の陝西省西安市)の東南にある終南山の異称。
※菅家文草(900頃)一・九日侍宴、賦山人献茱萸杖「南山出処荷衣壊、北闕来時菊酒逢」 〔詩経‐小雅・南山有台〕
[五] 中国、遼寧省金県西岸の金州湾の南にある小丘。日露戦争の激戦地として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「南山」の解説

なん‐ざん【南山】


南の方角にある山。
垜(あずち)
《「南山の寿」から》長寿を祝うこと。

高野山比叡山(ひえいざん)を北嶺(ほくれい)とよぶのに対する。→北嶺
中国の終南山の異称。
中国遼寧(りょうねい)省金州城の南にある小丘。日露戦争の激戦地。
大韓民国ソウル市の山。南山公園にある。高さ265メートル。ナムサン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android