コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑結び アワビムスビ

デジタル大辞泉の解説

あわび‐むすび〔あはび‐〕【×鮑結び】

ひもの飾り結びの一。中央に一つ、左右に二つ輪を並べたもの。祝儀用の水引や衣服の飾りに用いる。淡路結び。→水引1
女性の髪の結い方の一。1の形に似せたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

鮑結び

紐や祝儀袋に用いられている水引(みずひき)などの結び方の一つで、別名「淡路(あわじ)結び」。中央と左右の三方に輪を作る、もともとは女房の用いた桧扇(ひおうぎ。桧の薄板を重ねた扇)の飾り糸の結び方であり、昔の女性の髪結いの形でもあった。水引で結ぶ鮑結びは、その形が植物の二葉葵の葉に似ているところから「葵(あおい)結び」とも呼ばれる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

あわびむすび【鮑結び】

ひもの結び方の一。中央に一つ、左右に二つのわなを作る結び。衣服の飾り、水引きなどに用いる。淡路結び。
女の髪の結い方の一。の形に結うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鮑結びの関連キーワード淡路結び衣服贈答

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android