コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮒鮓 ふなずし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ふなずし【鮒鮓】


滋賀の郷土料理でなれずしの一種。主に琵琶湖固有種、にごろぶなを用いて、うろこ・えら・内臓をとり塩漬けしたあと、飯とともに桶に漬け込む。半年から1年間貯蔵し乳酸発酵させて作る。薄切りにしてそのまま食べたり、茶漬けの具にしたりする。◇「近江ふなずし」ともいう。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

鮒鮓の関連キーワード近江の鮒鮓

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android