コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮒鮓 ふなずし

1件 の用語解説(鮒鮓の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ふなずし【鮒鮓】


滋賀の郷土料理でなれずしの一種。主に琵琶湖の固有種、にごろぶなを用いて、うろこ・えら・内臓をとり塩漬けしたあと、飯とともに桶に漬け込む。半年から1年間貯蔵し乳酸発酵させて作る。薄切りにしてそのまま食べたり、茶漬けの具にしたりする。◇「近江のふなずし」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮒鮓の関連キーワード蕪鮨酒鮨鯖鮨豚骨熟れ鮨らふてえ早鮨鮨/鮓生馴れ/生熟れ馴れ鮨/熟れ鮨/馴れ鮓/熟れ鮓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone