滋賀(読み)しが

日本大百科全書(ニッポニカ)「滋賀」の解説

滋賀
しが

滋賀県南部、大津市北郊の一地区。旧滋賀村。古くは志賀とも書いた。667年(天智天皇6)から672年(天武天皇1)の間、大津宮が置かれた地とも推され、滋賀百穴古墳群、崇福寺(すうふくじ)址(し)など考古学的遺跡も多い。山中越えで京都と結ばれる交通上の要地でもあった。「楽浪(ささなみ)」の枕詞(まくらことば)で歌に詠まれることが多く、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の「楽浪の志賀の大曲淀(おおわだよど)むとも……」(『万葉集』巻3)や「さざなみの志賀の都は荒れにしを……」(『千載集』)がよく知られる。現在は保養地や住宅地となっている。国道161号が通じ、京阪電鉄滋賀里駅などがある。

高橋誠一

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「滋賀」の解説

しが【滋賀】

[一] 滋賀県南西部の郡名。琵琶湖と比良山地にはさまれた地域で、かつては大津市一帯が含まれていた。古くは、「志賀」とも表記。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android