コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹の冠 カツオノカンムリ

デジタル大辞泉の解説

かつお‐の‐かんむり〔かつを‐〕【×鰹の冠】

ヒドロ虫綱カツオノカンムリ科の腔腸動物暖流とともに浮遊し、夏、太平洋岸でみられる。気胞体は長径約5センチの平たい楕円形で、この上に三角の帆を立てた形をし、周縁は青藍色、中央は無色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつおのかんむり【鰹の冠】

ヒドロ虫綱のクラゲ。鍋蓋なべぶた状の気胞体の上に三角の帆をもち、冠に似る。下面に栄養体がつき、周縁には感触体がある。触手の刺胞に刺されると激しく痛む。しばしばカツオの群れと一緒に見つかる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰹の冠 (カツオノカンムリ)

学名:Velella lata
動物。カツオノカンムリ科のクラゲ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android