コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖流 だんりゅうwarm current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暖流
だんりゅう
warm current

流域外の海水に比べて高温な海流寒流対語。一般に暖流の源は熱帯や亜熱帯にあり,寒流に比べて高塩分で酸素,ケイ酸塩リン酸塩などが少い。したがってプランクトンも少く,生産力は小さい。太平洋の黒潮大西洋メキシコ湾流は暖流の代表的なものである。日本近海では対馬暖流宗谷暖流などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だん‐りゅう〔‐リウ〕【暖流】

まわりの海水より温度の高い海流。塩分は高く、プランクトンは少ない。黒潮対馬海流メキシコ湾流など。⇔寒流
[補説]作品名別項。→暖流

だんりゅう【暖流】[作品名]

岸田国士の小説。昭和13年(1938)発表。病院の再建に尽くす人々の愛憎を描く。
吉村公三郎監督による映画題名。昭和14年(1939)公開。「啓子の巻」「ぎんの巻」の2篇がある。出演佐分利信高峰三枝子、水戸光子ほか。
増村保造監督による映画の題名。昭和32年(1957)公開。出演、根上淳、左幸子、野添ひとみほか。
野村芳太郎監督による映画の題名。昭和41年(1966)公開。出演、岩下志麻倍賞千恵子平幹二朗ほか。
[補説]はいずれもを原作とした作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

暖流【だんりゅう】

流域外に比べ水温の高い海流。海流の相対的な分類で寒流に対する語。多くはその源が熱帯,亜熱帯にあり,一般に高塩分で,酸素,栄養塩は乏しく生産力は低い。黒潮,メキシコ湾流はその代表例。
→関連項目アラスカ海流海流

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

海の事典の解説

暖流

中緯度の海流は、近似的に暖水と冷水の境目をほぼ等温線に沿って流れており、暖流といっても、決して周りより暖かい水の流れではなく、海洋学上あまり使わ れない。しいて定義すると、大気に大量の熱を与えつつ、それ自体は流下方向に水温を下げていく海流ということになる。ただ、北半球で岸を右手に、岸に沿っ て流れる海流では、流軸から海岸まで比較的狭い帯状域に暖水が存在することになり、暖流という言葉がぴったりした感を与えるので、対馬海流・宗谷海流・津 軽海流の場合には、しばしば対馬暖流というような呼び方が使われることが多い。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

だんりゅう【暖流】

沖縄の泡盛。酒名は、進貢船(しんこうせん)が暖流に乗り交易していた琉球交易時代のロマンや華やかさをイメージして命名。昭和43年(1968)に発売された樫樽貯蔵泡盛の先駆け。3年以上熟成させた古酒。古酒をブレンドした一般酒もある。原料はタイ米黒麹。アルコール度数25%、30%、35%。蔵元の「神村酒造」は明治15年(1882)那覇で創業。平成11年(1999)石川高原の麓に移転。所在地はうるま市石川嘉手苅。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

暖流

1966年公開の日本映画。監督・脚色:野村芳太郎、原作:岸田國士による同名小説、脚色:山田洋次、撮影:川又昂。出演:岩下志麻、倍賞千恵子、平幹二朗、細川俊之小川真由美笠智衆、夏川静江ほか。1939年、1957年にも同原作の映画が制作されている。

暖流

沖縄県、有限会社神村酒造が製造・販売する泡盛。

暖流

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1964年8月~11月放映(全65回)。原作は岸田國士の同名小説。出演:長内美那子、高松英郎ほか。

暖流

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。ドラマ30。2007年4~6月放映(全55回)。出演:さとうやすえ、山田純大ほか。原作は岸田國士の同名小説。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だんりゅう【暖流】

周りの海水よりも高温の海流。普通、熱帯または亜熱帯の海域から発し、比較的高温・高塩分のためプランクトンは少なく、透明度が高い。黒潮はその代表。 ↔ 寒流かんりゆう 〔海流の一つとして用いられるのは、矢津昌永「日本地文学」(1889年)が早い例〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の暖流の言及

【海流】より

…そこで便宜上例えば,吹走流(風の応力でできる流れ),傾斜流(海面傾斜によるもの),密度流(海水の密度差に起因するもの),補流(ある海域の水がなんらかの原因で流れ去るとその分を補うため他から海水が流れてくる)などの言葉を使うことがあるが,もともとこれらを含めて複雑な要因がからみ合って一つの海流を形成するのであるから,上記の分類で海流をはっきり区別するのは無理がある。 このほか,実生活上よく使われる分類として暖流と寒流があるが,科学的には厳密さを欠く分類法で,二つの海流が接している時に温度の高い方を暖流,低い方を寒流と呼んで区別するのに便利だという程度の意味である。例えば黒潮と親潮は三陸沖で接するが,このとき黒潮は暖流,親潮は寒流と呼ばれる。…

※「暖流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

暖流の関連キーワードヒメクロウミツバメフォークランド海流ハンメルフェスト暖流 啓子の巻暖流 銀の巻北大西洋海流暖流(海流)エルニーニョハロー海峡暖海性魚類リマン海流鰹の烏帽子アオイガイギニア海流滝 春一ナルビク金華山沖銀貨水母宗谷海峡津軽海流

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暖流の関連情報