鰻の寝床(読み)うなぎのねどこ

精選版 日本国語大辞典「鰻の寝床」の解説

うなぎ【鰻】 の 寝床(ねどこ)

間口が狭くて奥行の長い建物、場所などをたとえていう語。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉特殊街「東郷坂、ここを踏み切ると急に前方の路が狭ばまってうなぎの寝床のやうに見える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android