間口(読み)まぐち

精選版 日本国語大辞典「間口」の解説

ま‐ぐち【間口】

〘名〙
家屋や地所などの前方に面している部分の幅。表口。⇔奥行き
※俳諧・江戸通り町(1678)四吟哥僊「実(げに)や月口千金の通り町〈芭蕉〉 爰に数ならぬ看板の露〈二葉子〉」
② 事業や研究の領域。「間口をひろげる」
※駒のいななき(1916)〈巖谷小波〉一「相変らず博文館で筆を執って居たが、それでも間口(マグチ)は段々広くなると見えて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「間口」の解説

ま‐ぐち【間口】

土地・家屋などの正面の幅。表口。「間口二間にけんの店」⇔奥行き
研究・事業などの領域。「商売の間口を広げる」「間口の広い学者」
[類語]奥行き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android