コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱓小明石煮 うつぼこあかしに

1件 の用語解説(鱓小明石煮の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

うつぼこあかしに【鱓小明石煮】


和歌山郷土料理で、背開きにして干したうつぼを細かく切り、しょうゆと砂糖などで甘辛く煮込んだもの。◇和歌山県南端の漁港、串本港付近の小明石浦と呼ばれた地名から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鱓小明石煮の関連キーワード雀鮨背開き豚骨芋串鬼殻焼立干し干し鮑干し瓜蕎麦米奉書焼き

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone