コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗翅目 りんしもく

大辞林 第三版の解説

りんしもく【鱗翅目】

チョウ目の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鱗翅目の言及

【チョウ(蝶)】より

…両者を区別しようとする傾向は国民性による思考の差で,英語には別々の単語があるが,ドイツ語やフランス語には共通の単語(ドイツ語はFalter,フランス語はpapillon)に〈昼の〉または〈夜の〉という形容詞がつくだけで固有の単語はない。元来鱗翅目として共通する形質をもつ一元的な系統の中に昼間にだけ活動する一群(チョウ)が生じたが,他の多くの系統(ガ)と本質的に違うまでにはなっていないのが両者の関係である。
[系統進化]
 チョウの起源や系統に関する資料はきわめて少なく化石の数もごくわずかであるから,そのほとんどは推定による仮説の域をでない。…

※「鱗翅目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鱗翅目の関連キーワードアシブトコバチ(脚太小蜂)トリバネアゲハ(鳥羽揚羽)コノマチョウ(木の間蝶)マツクイムシ(松喰虫)ミズメイガ(水螟蛾)スカシマダラ(透斑)ヨトウムシ(夜盗虫)ヒゲナガガ(髭長蛾)イモキバガ(薯牙蛾)コウモリガ(蝙蝠蛾)カギバガ(鉤翅蛾)スジグロシロチョウチョウバエ(蝶蠅)コバネガ(小翅蛾)ハチノスツヅリガワタアカミムシガシャクガ(尺蛾)ニジュウシトリバズイムシ(髄虫)ハスモンヨトウ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android