コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛虫 ケムシ

百科事典マイペディアの解説

毛虫【けむし】

鱗翅(りんし)目の昆虫の幼虫のうち,体に多くの毛があるものの総称。無毛か微細な毛のあるものは青虫または芋虫として区別されるが,本質的な違いはない。毛は一種の感覚器官として働く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けむし【毛虫】

鱗翅目昆虫の幼虫の俗称の一つ。体の表面に長毛や毛束を密生するものをいう。主としてドクガ科,ヒトリガ科,カレハガ科,ヤママユガ科などの幼虫を指すが,チョウの幼虫にも毛を生ずる種がある。ドクガ科やカレハガ科の一部の種では触れると皮膚に炎症を起こすが,多くの種では無毒である。大半は植物の葉を食べるが,ヒトリガ科のうちコケガ類は樹皮や石面上の地衣類を食べる。青虫芋虫【杉 繁郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けむし【毛虫】

チョウ・ガなど鱗翅りんし目の昆虫の幼虫で、体が長毛におおわれているものの俗称。 [季] 夏。 《 朝風に毛を吹れ居る-かな /蕪村 》
人に嫌われる人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛虫
けむし
caterpillars

鱗翅(りんし)目の昆虫の幼虫で長い毛をもつものの俗称。古くは髯虫とも書き、またカワムシともよんだ。ヒトリガ科、カレハガ科、ドクガ科などに長毛をもつ種が多いが、類縁とはとくに関係はないらしい。毒刺毛(しもう)をもち人体を刺すのはドクガ、イラガなど一部に限られる。長い毛のないものはイモムシとよばれている。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

毛虫 (ケムシ)

動物。チョウ・ガの幼虫で毛やトゲのあるもの

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の毛虫の言及

【幼虫】より

…芋虫はサトイモの葉を食べるセスジスズメ,ヤマイモの葉を食べるキイロスズメ,サツマイモの葉を食べるエビガラスズメなどスズメガ科の幼虫である。このほか体表を毛でおおわれているものを毛虫(毒毛をもつものがある。ドクガ科,イラガ科など),地中にすむコガネムシの幼虫を地虫(じむし),カブトムシの幼虫をまんじゅう虫,ハエやアブの幼虫をうじ虫などと呼び,クリのうじ(クリミガ,クリシギゾウの幼虫),モモのうじ(シンクイガの幼虫)などもある。…

※「毛虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛虫の関連キーワードランブルベンモウチュウメニエール鞭毛虫症腸トリコモナス症ランブル鞭毛虫症焼き殺す・焼殺すルーメン原生動物トリパノゾーマホネマクムシ類トリコニンファトリパノソーマトリコモナス属マルサヤワムシ泣き虫・泣虫肉質鞭毛虫類シェニール糸有色鞭毛虫類無色鞭毛虫類渦鞭毛藻類双鞭毛虫類うようよ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛虫の関連情報