鳥尾小彌太(読み)とりおこやた

精選版 日本国語大辞典の解説

とりお‐こやた【鳥尾小彌太】

軍人。長州藩士。尊王攘夷運動に参加し、若年で鳥尾隊を組織して鳥羽伏見の戦いに功をたてた。明治以降兵部省に出仕し、軍務局長、大阪鎮台司令官となる。退役後、統計院長、枢密院顧問官、貴族院議員となる。弘化四~明治三八年(一八四七‐一九〇五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android