若年(読み)にゃくねん

精選版 日本国語大辞典「若年」の解説

にゃく‐ねん【若年】

〘名〙 年の若いこと。経験が浅く、まだ一人前でないこと。また、その人。じゃくねん。
※浮世草子・好色五人女(1686)二「御若年(ニヤクネン)にして〈略〉出家をとげらるる事も有しに」

わか‐とし【若年】

〘名〙
① 新年をいう、女房詞。〔日葡辞書(1603‐04)〕
小正月のこと。長野県や九州南部などでいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「若年」の解説

わか‐とし【若年】

小正月のこと。
新年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android