コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽の火祭り

1件 の用語解説(鳥羽の火祭りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

鳥羽の火祭り

愛知県西尾市(旧・幡豆町)の鳥羽地区に伝わる民俗行事。鳥羽神明社で2月10日(かつては旧暦1月7日)に行われる正月の神事。地区を東西にわけて「すずみ」と呼ばれる大松明の炎の中からご神木と一年の12ヶ月を表すという十二縄を取り出す早さを競い、その年の豊凶を占う。「福地(ふくじ)」と呼ばれる西側が勝てば豊作、「乾地(かんじ)」と呼ばれる東側が勝てば日照りになるとされる。2004年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥羽の火祭りの関連キーワード愛知県西尾市上町愛知県西尾市亀沢町愛知県西尾市錦城町愛知県西尾市幡豆町寺部愛知県西尾市幡豆町鳥羽愛知県西尾市中町愛知県西尾市幡豆町西幡豆愛知県西尾市幡豆町東幡豆愛知県西尾市本町愛知県西尾市宮町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥羽の火祭りの関連情報