コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地 ふくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福地
ふくち

青森県南東部,南部町北東部の旧村域。北上高地北端にあり,中央部を馬淵川が貫流する。 1955年田部村,地引村が合体して成立。 2006年南部町,名川町と合体して南部町となった。鎌倉時代には幕府の牧場があり,ウマの産地として開けた。米や野菜,リンゴなどを産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくち【福地】

〔「ふくじ」とも〕
さいわいを生ずる土地。福を恵む土地。また、肥沃な土地。 「誠に王気相応の-たるにや/正統記 桓武
神仙の住む所。また、極楽。

ふくち【福地】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福地
ふくち

青森県南東部、三戸(さんのへ)郡にあった旧村名(福地村(むら))。現在は南部町(なんぶちょう)の北東部を占める地域。1955年(昭和30)地引(じびき)、田部(たべ)の2村が合併して成立。2006年(平成18)、三戸郡南部(なんぶ)(まち)、名川(ながわ)町と合併して町名を南部町とした。第三セクター青い森鉄道(旧JR東北本線)、国道4号、104号が通じる。中央部を馬淵(まべち)川が流れ、沿岸に耕地が広がる。純農村地帯で、米、ニンニク、リンゴ、雑穀、サトウダイコンなどを産する。鎌倉時代には幕府が牧を設け、以来馬産地として栄えた。隣接する八戸(はちのへ)市のベッドタウン化が進み、また野菜の供給地として期待されている。[横山 弘]
『『福地村郷土誌』(1973・福地村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

福地の関連キーワード岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地福地鉱(データノート)青森県三戸郡南部町村山又三郎(2代)坂東彦三郎(4世)三重県伊賀市柘植町坂東彦三郎(4代)ときわにんにく福地ホワイト東京日日新聞うえきの法則アルビノの木福地 泡介飛騨外縁帯立憲帝政党松村雄之進福地勝衛門大川地区藤田茂吉園山俊二

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福地の関連情報