コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地 ふくち

4件 の用語解説(福地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福地
ふくち

青森県南東部,南部町北東部の旧村域。北上高地の北端にあり,中央部を馬淵川が貫流する。 1955年田部村,地引村が合体して成立。 2006年南部町,名川町と合体して南部町となった。鎌倉時代には幕府の牧場があり,ウマの産地として開けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくち【福地】

〔「ふくじ」とも〕
さいわいを生ずる土地。福を恵む土地。また、肥沃な土地。 「誠に王気相応の-たるにや/正統記 桓武
神仙の住む所。また、極楽。

ふくち【福地】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福地
ふくち

青森県南東部、三戸(さんのへ)郡にあった旧村名(福地村(むら))。現在は南部町(なんぶちょう)の北東部を占める地域。1955年(昭和30)地引(じびき)、田部(たべ)の2村が合併して成立。2006年(平成18)、三戸郡南部(なんぶ)(まち)、名川(ながわ)町と合併して町名を南部町とした。第三セクター青い森鉄道(旧JR東北本線)、国道4号、104号が通じる。中央部を馬淵(まべち)川が流れ、沿岸に耕地が広がる。純農村地帯で、米、ニンニク、リンゴ、雑穀、サトウダイコンなどを産する。鎌倉時代には幕府が牧を設け、以来馬産地として栄えた。隣接する八戸(はちのへ)市のベッドタウン化が進み、また野菜の供給地として期待されている。[横山 弘]
『『福地村郷土誌』(1973・福地村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福地の関連情報