コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日照り/旱 ヒデリ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐でり【日照り/×旱】

日が照りつけること。特に、真夏に晴天が続き雨が降らないこと。 夏》「天広く湖(うみ)青々と―かな/東洋城
あるべきもの、あって欲しいものなどが不足すること。「―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日照り
ひでり

連日雨が降らずに日が照りつけること。これが干魃(かんばつ)として問題になるのは、その地域の平均の気候と比べたとき大きな偏りがある場合で、砂漠地帯では連日日照りが続いても、とくに問題にならない。日本には古来「日照りに不作なし」という諺(ことわざ)があり、これは稲作では雪解け水なども期待できるから、多照の年はむしろ米の豊作になることが多いことをいったものである。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日照り/旱の言及

【干ばつ(旱魃)】より

…自然災害の中には,暴風雨や竜巻などで短時間に破壊的災害をもたらすものと,干ばつのように1ヵ月から長い時は数ヵ月に及ぶ長期の異常気象によって災害が起こるものとがある。干ばつは日照りともいわれ農業災害を起こす重要な原因であったが,近年は水利灌漑施設の発達によって日本では農業被害は減少し〈ひでりに不作なし〉とまでいわれるようになった。一方,人口の増加にしたがって飲料・工業用水不足の問題が深刻化して,渇水と呼ぶことが多くなってきた。…

※「日照り/旱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日照り/旱の関連キーワード立ち枯れ・立枯れ雨乞い・雨請い偏降り・片降り干割れ・日割れ干天の慈雨干害・旱害大旱の雲霓旱魃・干魃干天・旱天雨栗日柿恵みの雨日照り雲干割れる遣られる雪解け水根本順吉日焼け田日照り花御水借り猿婿入り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android