日照り(読み)ひでり

日本大百科全書(ニッポニカ)「日照り」の解説

日照り
ひでり

連日が降らずに日が照りつけること。これが干魃(かんばつ)として問題になるのは、その地域の平均の気候と比べたとき大きな偏りがある場合で、砂漠地帯では連日日照りが続いても、とくに問題にならない。日本には古来「日照りに不作なし」という(ことわざ)があり、これは稲作では雪解け水なども期待できるから、多照の年はむしろ米の豊作になることが多いことをいったものである。

[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「日照り」の解説

ひ‐でり【日照り/×旱】

日が照りつけること。特に、真夏晴天が続き雨が降らないこと。 夏》広くうみ青々と—かな/東洋城
あるべきもの、あって欲しいものなどが不足すること。「女—」
[類語]旱魃渇水晴天晴れ日本晴れ快晴好天上天気炎天天気・天気晴朗・五月晴れ梅雨晴れ秋晴れ晴れ間油照り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日照りの言及

【干ばつ(旱魃)】より

…自然災害の中には,暴風雨や竜巻などで短時間に破壊的災害をもたらすものと,干ばつのように1ヵ月から長い時は数ヵ月に及ぶ長期の異常気象によって災害が起こるものとがある。干ばつは日照りともいわれ農業災害を起こす重要な原因であったが,近年は水利灌漑施設の発達によって日本では農業被害は減少し〈ひでりに不作なし〉とまでいわれるようになった。一方,人口の増加にしたがって飲料・工業用水不足の問題が深刻化して,渇水と呼ぶことが多くなってきた。…

※「日照り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android