コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥頭の太刀 トリガシラノタチ

デジタル大辞泉の解説

とりがしら‐の‐たち【鳥頭の太刀】

柄頭(つかがしら)に鳥の頭をかたどった金具を付けた太刀鷹飼いが用いたほか、儀仗(ぎじょう)用・奉献用ともされた。とりくびのたち。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とりがしらのたち【鳥頭の太刀】

柄頭つかがしらに鳳凰ほうおうや山鳥などの頭をかたどった金具をつけた太刀。鞘さやは、金具などで鳥の胴体を表す。鷹たか飼いが用いたというが、儀仗用・奉献用と思われる。とりくびのたち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳥頭の太刀の関連キーワード柄頭鳥頭胴体山鳥

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android