鳥頭の太刀(読み)トリガシラノタチ

デジタル大辞泉「鳥頭の太刀」の解説

とりがしら‐の‐たち【鳥頭の太刀】

柄頭つかがしらの頭をかたどった金具を付けた太刀鷹飼いが用いたほか儀仗ぎじょう用・奉献用ともされた。とりくびのたち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android