安斎随筆(読み)あんさいずいひつ

世界大百科事典 第2版の解説

あんさいずいひつ【安斎随筆】

伊勢貞丈の随筆。30巻。有職故実の用語,文字の訓詁,制度の沿革,文物の起源などの諸般にわたり,それぞれ題目をあげて記述してある。記述方法は一定せず,配列にも系統性はないが,貞丈の博覧強記の一斑を見るに足るべきもので,故実の研究に裨益するところが大きい。写本により30冊本と20冊本などがあり,他の著述と重複するところも多い。《新訂増補故実叢書》8・9に所収。【橋本 政宣】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんさいずいひつ【安斎随筆】

随筆。三二巻。伊勢貞丈著。江戸中期の成立。公卿・武家の有職故実、事物の起源・文字・書籍など様々な分野の考証を収める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんさいずいひつ【安斎随筆】

(「安斎」は、伊勢貞丈の号) 江戸時代後期の随筆集。三〇冊。伊勢貞丈著。公家・武家の有職故実、漢字の日本語読みの正誤など、制度文物一般について考証したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android