コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安斎随筆 あんさいずいひつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安斎随筆
あんさいずいひつ

伊勢貞丈著。前後 30巻。公家武家有職故実事物の起源,字訓正誤などを広く随録したもの。著者が安斎と号したことからこの名で呼ばれる。『故実叢書』に収録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんさいずいひつ【安斎随筆】

伊勢貞丈の随筆。30巻。有職故実の用語,文字の訓詁,制度の沿革,文物の起源などの諸般にわたり,それぞれ題目をあげて記述してある。記述方法は一定せず,配列にも系統性はないが,貞丈の博覧強記の一斑を見るに足るべきもので,故実の研究に裨益するところが大きい。写本により30冊本と20冊本などがあり,他の著述と重複するところも多い。《新訂増補故実叢書》8・9に所収。【橋本 政宣】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんさいずいひつ【安斎随筆】

随筆。三二巻。伊勢貞丈著。江戸中期の成立。公卿・武家の有職故実、事物の起源・文字・書籍など様々な分野の考証を収める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

安斎随筆の関連キーワード十干十二支(じっかんじゅうにし)村(村落)かみそり伊勢氏蕊・蘂兵学公卿鷹狩鷺足警蹕家来

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android