コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳凰竹 ホウオウチク

デジタル大辞泉の解説

ほうおう‐ちく〔ホウワウ‐〕【××凰竹】

ホウライチク変種。幹は叢生して枝が密生し、葉は小さい。庭園などに植える。鳳尾竹(ほうびちく)。南京竹(ナンキンだけ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうおうちく【鳳凰竹】

ホウライチクの一変種。庭園に植え、盆栽ともする。高さ1~3メートル。茎は細く褐色でよく分枝し、葉は小枝の先に羽状につく。枝葉を鳳凰の尾に見立てこの名がある。鳳尾竹。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳳凰竹 (ホウオウチク)

植物。竹の変種

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の鳳凰竹の言及

【ホウライチク(蓬萊竹)】より

…園芸品種で,稈に緑と黄の縦のすじのあるものをスホウチク(蘇芳竹)f.alphonsokarii Nakaiといい,葉に白い縦じまのあるものをホウショウチク(鳳翔竹)f.variegata Hatsushimaという。ホウオウチク(鳳凰竹)f.elegans (Koidz.) Muroiは,小型で高さ3m以下。葉がとりわけ小さくて優美である。…

※「鳳凰竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳳凰竹の関連キーワード植物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳳凰竹の関連情報