鴻鵠(読み)コウコク

  • ×鴻×鵠

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鴻(おおとり)と、鵠(くぐい)。大きな鳥。
※蹈海集(1769)燕子詞「鴻鵠非儔侶、何羨彼蒼」 〔史記‐留侯世家〕
② 転じて、大人物のたとえ。
※凌雲集(814)高士吟〈賀陽豊年〉「寄言燕雀徒、寧知鴻鵠路

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android