コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島流し カシマナガシ

デジタル大辞泉の解説

かしま‐ながし【鹿島流し】

北関東から東北地方にかけて行われる神送りの一種。疫病災難が村に起こると、人形をつくり、それに悪神を封じ込めて舟に乗せ、海や川に流す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしまながし【鹿島流し】

関東北部・東北地方に見られる神送りの行事。悪神を象徴した藁わら人形を川へ流す。 → 人形送り

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鹿島流しの言及

【厄病神】より

… 厄病神に侵入された家では家人が疫病にかかると信じられていたため,家の戸口に護符をはったり,鍾馗(しようき)のような人形をおいてこれを防いだ。また民間には,厄病神送りといって,災厄をもたらす悪霊を人形にとりこめて村境や川に流す風習があり,鹿島流し,疱瘡流しや虫送りはその代表的なものである。茨城県では12月8日に一つ目の厄神が来るので,目の多い目籠を竿につるして軒先に立ててこれを追い払う風習もある。…

※「鹿島流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鹿島流しの関連キーワード鹿島信仰人形送り北関東疫病神

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android