コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦星 むぎぼし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麦星
むぎぼし

うしかい座α星 (アルクトゥールス ) の和名。麦秋の頃,宵にのぼるのでこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むぎぼし【麦星】

〔麦の熟する頃によく見えることから〕
サソリ座のアンタレス。
牛飼い座のアルクトゥルス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の麦星の言及

【アークトゥルス】より

…これは,さそり座を青竜と見て,その2本の角の一つとしたものである。日本では,麦を刈り入れる6月ごろ,この星が宵の空の頭上にくることから麦星の名がある。赤い色をしており,直径は太陽の24倍の赤色巨星である。…

※「麦星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麦星の関連キーワードアークトゥルスアルクトゥルスうしかい座アンタレス牛飼い座スピカ大角

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麦星の関連情報