麦秋(読み)バクシュウ

デジタル大辞泉の解説

ばく‐しゅう〔‐シウ〕【麦秋】

麦の取り入れをする季節。初夏のころ。むぎあき。むぎのあき。 夏》「鳴門見て讃岐―渦をなす/澄雄」
[補説]作品名別項。→麦秋

むぎ‐あき【麦秋】

麦秋(ばくしゅう)」を訓読みにした語。 夏》「―や狐(きつね)ののかぬ小百姓/蕪村

ばくしゅう【麦秋】[映画]

小津安二郎監督・脚本による映画の題名。昭和26年(1951)公開。なかなか結婚しない娘と彼女を心配する家族の日常を描く。第25回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。第6回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

麦秋【ばくしゅう】

〈むぎあき〉とも。初夏のの刈入時。〈あき〉という言葉には百穀成熟の意味があるが,気象的にも空気が乾いて気持のよい陽気という意味でと共通性が多い。旧暦4月の旧称歳時記では夏の季語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

麦秋

1951年公開の日本映画。監督・脚本:小津安二郎、脚本:野田高梧、撮影:厚田雄春、美術:浜田辰雄。出演:菅井一郎笠智衆原節子杉村春子淡島千景、高橋豊子、東山千栄子ほか。第25回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第6回毎日映画コンクール日本映画大賞、女優演技賞(原節子)受賞。第2回ブルーリボン賞監督賞、撮影賞、助演女優賞(杉村春子)ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばくしゅう【麦秋】

麦の熟する頃。初夏の頃。むぎあき。むぎのあき。 [季] 夏。 《 -の見ゆる木の間となりにけり /田村木国 》

むぎあき【麦秋】

「麦秋ばくしゆう」を訓読みした語。麦の秋。 [季] 夏。 「 -に好くある薄曇の日であつた/阿部一族 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の麦秋の言及

【季語】より

…暮春),草餅。
[夏]
 薄暑(やや暑さを感じる初夏の候),麦秋(麦の刈入れ時),入梅(立春から135日目の梅雨の入り),梅雨(入梅から30日間),五月雨(さみだれ)(梅雨の雨),五月晴(さつきばれ)(梅雨の晴れ間),短夜(みじかよ),半夏生(はんげしよう)(夏至から11日目の物忌みの日),梅雨明,盛夏(夏の盛り),卯の花腐(くた)し(春雨と梅雨の間の長雨),青嵐(あおあらし)(青葉のころの強い風),薫風(さわやかな夏の南風),雹(ひよう),虹,雷,雲の峰(入道雲に同じ),日盛(ひざかり)(夏の日中の暑いさかり),油照(あぶらでり)(薄く曇ってむし暑い日和),炎天(真夏の燃えるような空),冷夏(異常に温度の低い夏),朝焼,夕焼,大暑(二十四節気の一つで夏の暑さのさかり),土用(立秋の前の18日間,暑中という),土用波(土用のころの高波),更衣(ころもがえ)(夏服に着がえること),雨乞,行水,虫干(土用干ともいう),花火,納涼(涼をとること),昼寝,氷室(ひむろ)(氷を貯蔵していた穴),清水(しみず),水中(あた)り(慣れないなま水で胃腸を損なうこと),早乙女(さおとめ)(田植えをする若い女性),さなぶり(田植えじまいの祝い,または休み日),祭(夏祭,もとは葵祭をさした),安居(あんご)(仏家の夏の修行),蛍狩,鵜飼,時鳥(ほととぎす),蟬,鯉幟(こいのぼり),夏越(なごし)(陰暦6月の晦日。茅(ち)の輪くぐりなどの祓(はらえ)が行われる),菖蒲湯(端午の節句の邪気払い),卯(う)の花,木下闇(こしたやみ)(夏の木立の昼なお暗いさま),鮓(すし),心太(ところてん)。…

【日本列島】より

…なお,五月晴れは,もともとは梅雨の合間の晴天をいったが,いまは5月(陽暦)の晴天を指す場合が多い。 麦秋麦が実り熟して取り入れる初夏のころ,または旧暦4月の異称。 走り梅雨本格的な梅雨に入る前の5月下旬ごろに数日間続くぐずつき模様の天気のことで,〈梅雨の前ぶれ〉などともいう。…

※「麦秋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麦秋の関連情報