コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麹五吉 こうじ ごきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麹五吉 こうじ-ごきち

?-? 江戸時代中期-後期の町人。
嬉遊(きゆう)笑覧」などによれば,江戸麹町にすみ,天明年間(1781-89)以後さかんとなった稲荷千社詣(いなりせんじゃもうで)において,千社札を考案し流行させたといわれる。考案者を天愚孔平(てんぐ-こうへい)(萩野鳩谷(はぎの-きゅうこく))とする説もある。名は吉五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

麹五吉

生年:生没年不詳
江戸中期の人。名を吉五郎といい,江戸麹町5丁目に住んでいたので,通称を麹五吉といった。安永~天明年間(1772~89)に神社仏閣を巡拝して祈願する千社詣が盛んになった際,参詣の人々が自分の名前や生国,住所などを印刷した小型の紙を,社殿や楼門の扉や柱,天井などに貼り納める千社札を考案し,千社納札流行の端緒を作ったと伝えられる。一説には,この発明者は天愚孔平(本名荻野信敏,出雲松江藩士)で,特に天井や柱の高い所に千社札を貼るために長竿を用いるのは,彼の発明になるという。

(宇田敏彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

麹五吉の関連キーワード町人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android