コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麹五吉 こうじ ごきち

2件 の用語解説(麹五吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麹五吉 こうじ-ごきち

?-? 江戸時代中期-後期の町人。
「嬉遊(きゆう)笑覧」などによれば,江戸麹町にすみ,天明年間(1781-89)以後さかんとなった稲荷千社詣(いなりせんじゃもうで)において,千社札を考案し流行させたといわれる。考案者を天愚孔平(てんぐ-こうへい)(萩野鳩谷(はぎの-きゅうこく))とする説もある。名は吉五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

麹五吉

生年:生没年不詳
江戸中期の人。名を吉五郎といい,江戸麹町5丁目に住んでいたので,通称を麹五吉といった。安永~天明年間(1772~89)に神社仏閣を巡拝して祈願する千社詣が盛んになった際,参詣の人々が自分の名前や生国,住所などを印刷した小型の紙を,社殿や楼門の扉や柱,天井などに貼り納める千社札を考案し,千社納札流行の端緒を作ったと伝えられる。一説には,この発明者は天愚孔平(本名荻野信敏,出雲松江藩士)で,特に天井や柱の高い所に千社札を貼るために長竿を用いるのは,彼の発明になるという。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麹五吉の関連キーワード僧萬庵藤山惟熊籟堂嵐七五郎(初代)岩本良寛(初代)木村又八堆朱楊成(10代)徒跣八兵衛浜野矩随(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone