コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天愚孔平 てんぐ こうへい

2件 の用語解説(天愚孔平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天愚孔平 てんぐ-こうへい

萩野鳩谷(はぎの-きゅうこく)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天愚孔平
てんぐこうへい
(?―1817)

江戸時代後期の奇人。本名は萩野信敏(はぎののぶとし)、通称喜内(きない)、号は鳩谷(きゅうこく)。松江藩江戸詰の300石取りの武士であったが、異風奇行を好み、高慢なので世人から天狗(てんぐ)と異名され、自分も天愚斎と名のり、さらに孔子の子孫と自称し、名を孔平にした。参拝者が寺社に貼(は)るいわゆる千社札は彼の考案といわれ、それを継竿(つぎざお)の先につけた刷毛(はけ)で天井など高い所に貼り付ける風習も彼のくふうとされている。文化(ぶんか)14年没。墓は東京・駒込(こまごめ)の泰宗寺にある。[山内まみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天愚孔平の関連情報