コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩野鳩谷 はぎの きゅうこく

1件 の用語解説(萩野鳩谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩野鳩谷 はぎの-きゅうこく

1717?-1817 江戸時代中期-後期の儒者。
享保2年?生まれ。出雲松江藩の江戸詰めの武士であったが,その奇行と高慢さから天狗(てんぐ)とよばれ,みずからも天愚斎と名のる。また孔子の子孫を自称し,名を孔平とした。千社札の考案者ともいわれる。文化14年4月1日死去。101歳? 名は信敏。字(あざな)は求之。通称は喜内。著作に「論語徴考」「先秦(せんしん)真解」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

萩野鳩谷の関連キーワード備後国河東節モンロー妙心紀行文学大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone