黄丁字(読み)きちょうじ

大辞林 第三版の解説

きちょうじ【黄丁字】

ナス科の低木。グアテマラ原産。日本では観賞用に温室で栽培。茎はややつる性で、卵形の葉を互生。夏から秋、橙黄色の筒状花を総状につけ、芳香を放つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ちょうじ ‥チャウジ【黄丁字】

〘名〙
ナス科の低木。南アメリカ原産で、観賞用に栽培される。全体無毛で、茎は高さ一メートルぐらいになり、柄のある広楕円形の葉を互生する。夏、茎の上部に先端が五裂した橙色の筒状花をつける。
② 植物「れんげつつじ(蓮華躑躅)」の古名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android