コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄易 こうえきHuáng Yì

世界大百科事典 第2版の解説

こうえき【黄易 Huáng Yì】

1744‐1802
中国,清朝中期の文人画家。名は易,字は大易,父黄樹穀の号松石にちなんで小松と号した。浙江省仁和の出身,官は山東済寧の運河同知にいたった。公務の繁忙にもかかわらず一日も風雅をすてず,詩画に励んだという。画は倪瓚(げいさん),黄公望を学んで淡白で簡略な作風に新境地を開いた。奚岡(けいこう)と親しく画風にも共通する点が多い。金石の学にくわしく,山東武氏祠堂の保存に努めた。【古原 宏伸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄易の関連キーワード延享カルナータカ戦争ダールベルク鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android