コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松 こまつ

13件 の用語解説(小松の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小松
こまつ

愛媛県東部,西条市中央部の旧町域。道前平野の南西部から石鎚山脈の北斜面に位置し,南に四国最高峰石鎚山 (1982m) を望む。 1898年町制。 1955年石根村,石鎚村の2村と合体。 2004年西条市,東予市,丹原町と合体して西条市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

小松
こまつ

山形県南部,米沢盆地西部犬川の谷口に位置する川西町の中心集落。近接地域に古墳,中世期以来の館堀をめぐらした農家がある。銘酒の産地で,旧城址のダリア園を訪れる観光客が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

小松
こまつ

山口県南東部,大島の北西端にある旧町域。 1952年屋代村と合体して大島町となり,2004年には全島が周防大島町となる。島の門戸をなす小松港があり,かつては島内バス交通の起点であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐まつ【小松】

小さい松。若い松。

こまつ【小松】[地名]

石川県南部の市。機械工業が盛ん。また、絹織物九谷焼の産地。観光地として安宅(あたか)の関跡・粟津温泉などがある。人口10.8万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松 しょうしょう

?-? 南北朝時代の医師。
文和(ぶんな)(1352-56)のころの人。後光厳(ごこうごん)天皇の病気を治療し,法印となる。通称は悲阿弥。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こまつ【小松】

小さな松。若い松。

こまつ【小松】

石川県南部、金沢平野にある市。絹織物・九谷焼・畳表を特産し、機械工業も発達。安宅の関跡がある。

こまつ【小松】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松の関連キーワード愛媛県西条市明屋敷愛媛県西条市楠愛媛県西条市周布愛媛県西条市中奥愛媛県西条市中奥甲愛媛県西条市中西愛媛県西条市中野愛媛県西条市中野乙愛媛県西条市中野甲愛媛県西条市中野丙

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小松の関連情報