コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松 こまつ

13件 の用語解説(小松の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小松
こまつ

愛媛県東部,西条市中央部の旧町域。道前平野の南西部から石鎚山脈の北斜面に位置し,南に四国最高峰石鎚山 (1982m) を望む。 1898年町制。 1955年石根村,石鎚村の2村と合体。 2004年西条市,東予市,丹原町と合体して西条市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

小松
こまつ

山形県南部,米沢盆地西部犬川の谷口に位置する川西町の中心集落。近接地域に古墳,中世期以来の館堀をめぐらした農家がある。銘酒の産地で,旧城址のダリア園を訪れる観光客が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

小松
こまつ

山口県南東部,大島の北西端にある旧町域。 1952年屋代村と合体して大島町となり,2004年には全島が周防大島町となる。島の門戸をなす小松港があり,かつては島内バス交通の起点であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐まつ【小松】

小さい松。若い松。

こまつ【小松】[地名]

石川県南部の市。機械工業が盛ん。また、絹織物九谷焼の産地。観光地として安宅(あたか)の関跡・粟津温泉などがある。人口10.8万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松 しょうしょう

?-? 南北朝時代の医師。
文和(ぶんな)(1352-56)のころの人。後光厳(ごこうごん)天皇の病気を治療し,法印となる。通称は悲阿弥。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こまつ【小松】

小さな松。若い松。

こまつ【小松】

石川県南部、金沢平野にある市。絹織物・九谷焼・畳表を特産し、機械工業も発達。安宅の関跡がある。

こまつ【小松】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小松の関連情報