コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倪瓚 げいさん Ni Zan

5件 の用語解説(倪瓚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倪瓚
げいさん
Ni Zan

[生]大徳5(1301)
[没]洪武7(1374)
中国,元末明初の文人画家。元末四大家の一人。無錫 (江蘇省) の人。名は 瓚,字は元鎮,号は雲林,荊蛮民ほか。富裕な家の出身で学問,詩文,書画を愛好,器物の収集も多かった。元末の兵乱を予想し家族とともに流浪したが,晩年帰郷して没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げい‐さん【倪瓚】

[1301~1374]中国、元末の画家・詩人。無錫(むしゃく)(江蘇省)の人。字(あざな)は元鎮。号、雲林など。元末四大家の一人。簡略な描法による閑寂の趣をたたえた山水画様式は蕭散体(しょうさんたい)とよばれた。詩集に「清閟閣(せいひかく)集」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げいさん【倪瓚 Ní Zàn】

1301‐74
中国,元末・明初の文人画家。元末四大家の一人。初名は珽,のち瓚と改名。字は元鎮。号は雲林,荆蛮民,幻霞生など。江蘇省無錫(むしやく)の梅里祗陀村の代々の富家に生まれたが,幼時に父を失い長兄の倪昭奎に養育された。倪昭奎は新道教の全真教に帰依し元朝より真人号を特賜された人物である。倪昭奎の没後,倪瓚は28歳で家産を相続し勤倹につとめたという。邸内に清悶閣を築き数千巻の書籍や多くの古書画,古器物を秘玩し隠逸的生活を送ったが,52歳ころ,突然家財を整理し近親者に分け出郷した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げいさん【倪瓚】

1301~1374) 中国元代末期の文人画家。江蘇省生まれ。字あざなは元鎮。号は雲林など。董源の画法を学び、簡略な構図で枯淡な趣の山水画を描く。元末の四大家の一人。また、詩にも長じ「清閟閣集」一二巻を遺す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


げいさん
(1301―1374)

中国、元(げん)代末の画家、詩人。呉鎮(ごちん)、黄公望(こうこうぼう)、王蒙(おうもう)とともに元末の四大家とよばれる。簡素な描法のうちに高い風韻を感じさせる山水や枯木竹石を描き、四大家中気韻第一といわれた。初名は(てい)。字(あざな)は元鎮。号は雲林、別に幻霞生(げんかせい)、荊蛮民(けいばんみん)、浄名(じょうみょう)居士、朱陽館主などと号した。江蘇(こうそ)省無錫(むしゃく)の人で、富裕な名家に生まれた。学問、芸術を愛し、邸内に清悶閣などを建て、古書画・古器物・書物を収集し、道教に傾倒し、また張雨、黄公望をはじめ多くの文人と交わり、仕官せず風雅な隠者生活を送ったが、52歳のころ、突然、家財を親近者に分かち与え、妻子とともに流浪の旅に出て20年余の後半生を過ごした。74歳のとき初めて帰郷し、同年病死した。非常に潔癖な性格で、逸話がいくつか伝わる。その描いた山水は、ひっそりとした趣(おもむき)のある独自の画境にたつ山水画様式で「蕭散(しょうさん)体」とよばれた。代表作に『漁荘秋霽(しゅうせい)図』(上海(シャンハイ)博物館)、『容膝斎(ようしつさい)図』(台北・国立故宮博物院)があり、詩集に『雲林詩集』がある。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の倪瓚の言及

【元末四大家】より

…中国,元末から明初にかけて活躍した黄公望,呉鎮,倪瓚(げいさん),王蒙の4人の文人画家。ともに董源,巨然を学び元初の趙孟頫(ちようもうふ)などの復古主義の成果をふまえ,おのおのが強い個性を反映して独自の山水画様式を樹立した。…

【樹法】より

…樹木は人物・山水・花鳥画の重要な構成要素であり,古来多くの画法が発明された。唐の韋偃(いえん)は竜をかたどった松,張璪は孤高におごる松,宋の李成・郭熙は君子を象徴すると同時に奇怪な寒林,米友仁は無根樹,馬遠は車輪蝴蝶の松,元の倪瓚(げいさん)はまばらな蕭散とした雑樹をかいた。また根,幹,枝,葉の各部も多様に分かれ,根は露根,枝は鹿角,蟹爪,葉は点葉,夾葉などの画法があった。…

※「倪瓚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倪瓚の関連キーワード秦祖永沈石田王蒙元末四大家黄公望呉鎮呉派陶宗儀王紱徐賁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone