コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色い部屋の秘密

デジタル大辞泉プラスの解説

黄色い部屋の秘密

フランスの作家ガストン・ルルーのミステリー(1907)。原題《〈仏〉Le mystère de la chambre jaune》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄色い部屋の秘密
きいろいへやのひみつ
Le Mystre de la Chambre Jaune

フランスの作家G・ルルーの数少ない長編推理小説。1907年刊。密室トリックと人間消失がみごとに成功した古典的推理小説の名作として、よくベストテン入りする作品である。スタンジェルソン教授の住む古城の一室「黄色い部屋」からあがった教授の娘の苦悶(くもん)の声に、教授と婚約者、門番、老僕が錠(じょう)のかかった扉を壊して中に飛び込むと、娘マチルドは血の海の中に倒れ、床には老僕のピストルが落ちていた。現場は、犯人の出入り不可能な密室である。弱冠18歳の少年記者ルルタビーユが、情熱的に事件解決に乗り出す。名探偵ラルサンも捜査に加わるのだが、密室の謎(なぞ)は心理的トリックを巧みにねらったもので、その意外な犯人が読者をうならせる。[梶 龍雄]
『宮崎嶺雄訳『黄色い部屋の謎』(創元推理文庫) ▽日影丈吉訳『黄色い部屋の秘密』(ハヤカワ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黄色い部屋の秘密の関連キーワードガストン ルルー創元推理文庫老僕

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android