コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色い部屋の秘密

2件 の用語解説(黄色い部屋の秘密の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

黄色い部屋の秘密

フランスの作家ガストン・ルルーミステリー(1907)。原題《〈仏〉Le mystère de la chambre jaune》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄色い部屋の秘密
きいろいへやのひみつ
Le Mystre de la Chambre Jaune

フランスの作家G・ルルーの数少ない長編推理小説。1907年刊。密室トリックと人間消失がみごとに成功した古典的推理小説の名作として、よくベストテン入りする作品である。スタンジェルソン教授の住む古城の一室「黄色い部屋」からあがった教授の娘の苦悶(くもん)の声に、教授と婚約者、門番、老僕が錠(じょう)のかかった扉を壊して中に飛び込むと、娘マチルドは血の海の中に倒れ、床には老僕のピストルが落ちていた。現場は、犯人の出入り不可能な密室である。弱冠18歳の少年記者ルルタビーユが、情熱的に事件解決に乗り出す。名探偵ラルサンも捜査に加わるのだが、密室の謎(なぞ)は心理的トリックを巧みにねらったもので、その意外な犯人が読者をうならせる。[梶 龍雄]
『宮崎嶺雄訳『黄色い部屋の謎』(創元推理文庫) ▽日影丈吉訳『黄色い部屋の秘密』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄色い部屋の秘密の関連キーワードアシモフのミステリ世界キーストン警官『このミステリーがすごい!』大賞STORIESシランクスバランスが肝心フランス白粉の秘密フランチャイズ事件ぼくのミステリ作法ミステリ講座の殺人ロマンスのR

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄色い部屋の秘密の関連情報