出入り(読み)デイリ

デジタル大辞泉「出入り」の解説

で‐いり【出入り】

[名](スル)
出たりはいったりすること。ではいり。「人の出入りがはげしい」「トラックが出入りする」
商売などのために、頻繁にその家や会社を訪れること。「出入りの業者」「卒業後も研究室に出入りする」
金銭の支出と収入。ではいり。「出入りの多い月」
数量の増減。ではいり。「出席者数は毎回多少の出入りがある」
地形が突き出たりはいり込んだりしていること。「出入りの大きい海岸線」
俗に、争いごと。もめごと。けんか。「やくざの出入り
出入り筋2」の略。
「その約束をのばし、―になる事なりしに」〈浮・永代蔵・一〉

で‐はいり〔‐はひり〕【出入り/出×這入り】

[名](スル)でいり」に同じ。「人の―が多い家」「自由に―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android