コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒にきび くろにきび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒にきび
くろにきび

にきびの一種。思春期以降、顔面に好発する尋常性挫瘡(ざそう)(にきび)の症状の一つで、開放面疱(めんぽう)ともよぶ。毛包内に角質や皮脂が貯留し充満した状態を面疱とよび、このうち、毛孔内に皮脂が多量に貯留して膨れたために毛孔が開いている直径5ミリメートル程度の開放面疱は、毛孔表面に近い皮脂の酸化とメラニン色素の影響で黒色にみえることから、黒色面疱、あるいは黒にきびと俗称される。疼痛(とうつう)や腫脹(しゅちょう)は伴わないが、圧迫するとチーズのような膿(うみ)が出てくる。治療はアダパレンや過酸化ベンゾイルの外用、および抗菌薬の内服や外用を併用する。面疱圧出などにより毛包内に詰まった角質や皮脂を取り除くこともある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒にきびの言及

【にきび】より

…思春期を中心に大部分の人に経験される変化で,性的成熟に伴う性ホルモン変動による皮脂排出量の増加と同時に角化亢進によって皮脂が毛囊内に貯留して面皰が形成されるのが〈にきび〉のはじまりである。このうち毛孔が開口しているものを開放性面皰,閉じているものを閉鎖性面皰といい,前者は表面が黒化しているので俗に〈黒にきび〉とよばれる。丘疹は,これに細菌のリパーゼが作用して生成された遊離脂肪酸による炎症が伴って発症するが,その程度によって大きさはさまざまである。…

※「黒にきび」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

黒にきびの関連キーワード尋常性瘡(にきび)面皰

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android