顔面(読み)ガンメン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 顔の表面。かお。おもて。
※山陽詩鈔(1833)一六・除夜「一病不死旧顔面、又与梅花重相見」
② 人の気にいるようにふるまうこと。へつらい。また、その者。
※令集解(701)僧尼「古記云。〈略〉顔面。謂阿党一種俗語也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の顔面の言及

【顔】より

…顔は顔面ともいい,ヒトを中心として高等な哺乳類についていうことばであるが,その他の動物に対して用いることもある。ふつう顔は頭部の前半の表面,いいかえれば,頭部を正面から見たとき視界に入る部分を漠然とさすが,〈横顔〉という場合はヒトの頭部の側面観の全体をさすことがある。…

※「顔面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顔面の関連情報