コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腫脹 シュチョウ

大辞林 第三版の解説

しゅちょう【腫脹】

( 名 ) スル
炎症や腫瘍しゆようが原因で身体の一部がはれること。はれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腫脹
しゅちょう

炎症の一徴候。古代ギリシア・ローマ医学の昔から、炎症という病変の四つのおもな徴候として、tumor、発赤(ほっせき)rubor、熱感calor、疼痛(とうつう)dororが知られていることは有名である。このうち、腫脹は俗に、腫(は)れて膨れること、あるいは、腫れを意味して使われたり、病理学的に、腫瘍(しゅよう)による局所の腫れも、ときに腫脹と誤って表現されることもある。
 炎症にみられる腫脹、発赤、熱感などは、炎症の基本的病変である循環障害、滲出(しんしゅつ)、および細胞増殖に起因すると考えられている。とくに腫脹は、炎症局所の血管拡張、充血、血管透過性の亢進(こうしん)などの機序(メカニズム)によって、血管内のタンパクを含む血漿(けっしょう)や好中球、好酸球、リンパ球、単球などの血球が病巣内に出てくる滲出現象が主体で、これに局所組織内の細網細胞、組織球、線維芽細胞、肥胖(ひばん)(肥満)細胞などの細胞増殖が加わって生じたものと理解されている。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腫脹の関連キーワードツベルクリン反応流行性耳下腺炎キーンベック病肺門リンパ腺炎仮性クループ伝染性単核症肋骨カリエスシャーガス病猫ひっかき病肺門リンパ節慢性涙嚢炎踵骨骨端炎ピルケ反応唾液腺癌甲状腺腫蜂巣織炎喉頭結核先端疼痛腺ペスト脳圧亢進

腫脹の関連情報