コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒ノ瀬戸 くろのせと

世界大百科事典 第2版の解説

くろのせと【黒ノ瀬戸】

鹿児島県阿久根市北西部の黒之浜と長島間の海峡で,東シナ海と八代海を結ぶ。黒之瀬戸,黒瀬戸とも書く。幅が350mと狭いので潮流が早いので有名。風光にすぐれ阿久根自然公園に含まれている。かつては県営フェリーが往来していたが,1974年黒之瀬戸大橋が完通した。鹿児島本線折口駅からバスの便がある。【服部 信彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒ノ瀬戸の関連キーワード天草灘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒ノ瀬戸の関連情報