コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒ノ瀬戸(読み)くろのせと

世界大百科事典 第2版の解説

くろのせと【黒ノ瀬戸】

鹿児島県阿久根市北西部の黒之浜と長島間の海峡で,東シナ海と八代海を結ぶ。黒之瀬戸,黒瀬戸とも書く。幅が350mと狭いので潮流が早いので有名。風光にすぐれ阿久根自然公園に含まれている。かつては県営フェリーが往来していたが,1974年黒之瀬戸大橋が完通した。鹿児島本線折口駅からバスの便がある。【服部 信彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる