コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒之瀬戸 くろのせと

3件 の用語解説(黒之瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒之瀬戸
くろのせと

鹿児島県北西部,阿久根市黒之浜と長島の間の瀬戸。八代海東シナ海を結び,潮流の速さで知られる。幅は最狭部でわずか 300mで,従来はフェリーで往来していたが,1974年黒之瀬戸大橋が完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕黒之瀬戸(くろのせと)


鹿児島県北西部、阿久根(あくね)市北西部と長島の間の狭い水道。八代(やつしろ)海と東シナ海を結ぶ。最狭部の幅は約300m、長さ約3.5km。南口付近に小島や岩礁が散在する。最大潮流は5.3ノットに達する。大型船の航行は困難。黒之瀬戸大橋が架かる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒之瀬戸
くろのせと

鹿児島県北西部の阿久根(あくね)市黒之浜と長島との間にある最狭部約350メートルの海峡。八代(やつしろ)海(不知火(しらぬい)海)と東シナ海を結ぶ。潮の干満によって、最大8ノットの潮流が渦音をたて両海へ出入りする。1974年(昭和49)の黒之瀬戸大橋の開通前は県営フェリーボートで渡島した。500メートルの架橋により陸続きとなった。長島の西端蔵之元港から天草(あまくさ)市牛深(うしぶか)へのフェリーボートが発着し、天草観光ルートの一部をなす。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒之瀬戸の関連情報