コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒之瀬戸 くろのせと

3件 の用語解説(黒之瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒之瀬戸
くろのせと

鹿児島県北西部,阿久根市黒之浜と長島の間の瀬戸。八代海東シナ海を結び,潮流の速さで知られる。幅は最狭部でわずか 300mで,従来はフェリーで往来していたが,1974年黒之瀬戸大橋が完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕黒之瀬戸(くろのせと)


鹿児島県北西部、阿久根(あくね)市北西部と長島の間の狭い水道。八代(やつしろ)海と東シナ海を結ぶ。最狭部の幅は約300m、長さ約3.5km。南口付近に小島や岩礁が散在する。最大潮流は5.3ノットに達する。大型船の航行は困難。黒之瀬戸大橋が架かる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒之瀬戸
くろのせと

鹿児島県北西部の阿久根(あくね)市黒之浜と長島との間にある最狭部約350メートルの海峡。八代(やつしろ)海(不知火(しらぬい)海)と東シナ海を結ぶ。潮の干満によって、最大8ノットの潮流が渦音をたて両海へ出入りする。1974年(昭和49)の黒之瀬戸大橋の開通前は県営フェリーボートで渡島した。500メートルの架橋により陸続きとなった。長島の西端蔵之元港から天草(あまくさ)市牛深(うしぶか)へのフェリーボートが発着し、天草観光ルートの一部をなす。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒之瀬戸の関連キーワード阿久根鹿児島県阿久根市鹿児島県阿久根市大川鹿児島県阿久根市高松町鹿児島県阿久根市多田鹿児島県阿久根市西目鹿児島県阿久根市波留鹿児島県阿久根市本町鹿児島県阿久根市港町鹿児島県阿久根市脇本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒之瀬戸の関連情報