コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島本線 かごしまほんせん

6件 の用語解説(鹿児島本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿児島本線
かごしまほんせん

九州北東端の門司港から九州西岸を南下して鹿児島にいたる幹線鉄道。 JR九州。 1889~96年門司-八代間が九州鉄道として開通したのが始まり。 1908年八代から人吉,隼人を経て鹿児島にいたる鹿児島線 (現肥薩線) が全通,鹿児島本線とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かごしま‐ほんせん【鹿児島本線】

福岡県の門司港(もじこう)から博多熊本川内(せんだい)を経て鹿児島に至るJR線。全長398.5キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鹿児島本線【かごしまほんせん】

門司港〜熊本〜八代及び川内〜鹿児島間のJR線。営業キロ282.6km。九州の西側を南北に縦貫し北九州,福岡,久留米大牟田,熊本,八代,鹿児島各市を結ぶ重要幹線。
→関連項目鹿児島中央[駅]九州旅客鉄道[株]新幹線博多[駅]肥薩おれんじ鉄道[株]みやま[市]門司港[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かごしまほんせん【鹿児島本線】

九州を南北に走るJR九州の幹線。門司港駅を起点に,福岡市を経て筑紫平野熊本平野を通り,八代海の海岸沿いを南下,鹿児島駅に至る399.5kmの営業線。ほかにJR貨物に属する香椎~博多港間等8.7kmの貨物支線がある。おもな経由地は福岡県北九州市,福岡市,久留米市大牟田市熊本県熊本市,八代市である。門司(現,門司港)~八代間を九州鉄道が,八代~鹿児島間(現在の肥薩線経由)を政府が,それぞれ建設し営業を開始したが,1907年7月九州鉄道を政府が買収し国鉄線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かごしまほんせん【鹿児島本線】

JR 九州の鉄道線。門司港・鹿児島間、398.5キロメートル。九州西岸を走り、南北九州を結ぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿児島本線
かごしまほんせん

九州旅客鉄道(JR九州)の線路名称。二つの区間からなり、門司(もじ)港―八代(やつしろ)間232.3キロメートル、川内(せんだい)―鹿児島間49.3キロメートル、合計営業キロは281.6キロとなる。ただし、鹿児島本線が上記の区間に定まったのは九州新幹線の新八代―鹿児島中央間137.6キロメートルが開業した2004年(平成16)からである。それ以前は八代―川内間116.9キロメートルも鹿児島本線(その後肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道区間)に含まれており、九州西部を南北に縦断し、北九州、福岡、熊本、鹿児島などの都市を結ぶ幹線鉄道であった。複線化率69%(2004年2月)。当初、門司(現門司港)―八代間は九州鉄道会社によって1889~1896年(明治22~29)に開業し、国有後は短期間人吉(ひとよし)本線と称された時期もあるが、1909年(明治42)鹿児島本線と改められた。当時は八代から球磨(くま)川流域に入り、内陸の人吉、吉松を経由するルート(現肥薩線の大部分)であったが、矢岳(やたけ)越えの急勾配(きゅうこうばい)区間を避けるため、1913~1927年(大正2~昭和2)に海岸回りのルートが開通し、全通の時点でこれが鹿児島本線となった。電化工事は1961~1970年(昭和36~45)門司港側から順次進められて全線の交流電化が完成している。1987年日本国有鉄道の分割民営化で九州旅客鉄道に所属。[青木栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島本線の関連キーワード門司みてじま筋ファラフェニ福岡県北九州市門司区清滝福岡県北九州市門司区新門司福岡県北九州市門司区西海岸福岡県北九州市門司区東港町福岡県北九州市門司区東門司福岡県北九州市門司区門司福岡県北九州市門司区

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島本線の関連情報