黒石温泉郷(読み)くろいしおんせんきょう

精選版 日本国語大辞典の解説

くろいし‐おんせんきょう ‥ヲンセンキャウ【黒石温泉郷】

青森県黒石市、浅瀬石川の渓谷に沿う温泉郷。温湯(ぬるゆ)、板留、青荷などの温泉から成る。泉質は弱食塩泉石膏(せっこう)泉。西十和田温泉郷。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒石温泉郷の言及

【黒石[市]】より

…高速道路では1986年東北自動車道が開通した。農業のほかに観光に力を入れ,県立自然公園黒石温泉郷は十和田八幡平国立公園の西玄関口となっている。浅瀬石川に沿って下流から温湯(ぬるゆ),落合,板留,青荷(あおに),温川(ぬるかわ)の温泉が点在する。…

※「黒石温泉郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報