コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒蜴蜓 くろとかげ

大辞林 第三版の解説

くろとかげ【黒蜴蜓】

小説。広津柳浪作。1895年(明治28)発表。醜女お都賀が舅しゆうと吉五郎を殺し、自らも入水に至る悲惨な生活を描く。深刻小説の代表作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黒蜴蜓の関連キーワード深刻小説広津柳浪代表作入水小説

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android