醜女(読み)シコメ

デジタル大辞泉の解説

しこ‐め【醜女】

容貌(ようぼう)のみにくい女。しゅうじょ。
黄泉(よみ)の国にいたという、容貌のみにくい女の鬼。
「黄泉(よも)つ―を遣はして追はしめき」〈・上〉

しゅう‐じょ〔シウヂヨ〕【醜女】

顔のみにくい女。しこめ。

ぶ‐おんな〔‐をんな〕【醜女】

容姿のみにくい女性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しこ‐め【醜女】

〘名〙 (「しこ」は、元来、強く恐ろしいの意)
① 黄泉国(よみのくに)にいるという恐ろしく、みにくい女の鬼。
※古事記(712)上「其の妹伊邪那美命、『吾に辱見せつ』と言ひて、即ち予母都(よもつ)志許売(シコメ)〈此の六字は音を以ゐよ〉を遣はして追はしめき」
② 容貌のみにくい女。醜婦。しゅうじょ。
※読本・本朝水滸伝(1773)一〇「さるよりあたりをたちふるまひする女どもは、唯醜女(シコメ)のみを撰集(えりあつめ)てげり」

しゅう‐じょ シウヂョ【醜女】

〘名〙 みにくい女。顔かたちの悪い女。醜婦。しこめ。しゅにょ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※幸若・いるか(室町末‐近世初)「かいなき姫にて候を〈略〉しうじょとおぼしめさるるともめしをかせ給はば」

ぶ‐おんな ‥をんな【醜女】

〘名〙 みにくい女。しこめ。しゅうじょ。
※道程(1914)〈高村光太郎〉新緑の毒素「河岸随一の醜女(ブヲンナ) 樽屋のおちか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報