コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醜女 シコメ

デジタル大辞泉の解説

しこ‐め【醜女】

容貌(ようぼう)のみにくい女。しゅうじょ。
黄泉(よみ)の国にいたという、容貌のみにくい女の
「黄泉(よも)つ―を遣はして追はしめき」〈・上〉

しゅう‐じょ〔シウヂヨ〕【醜女】

顔のみにくい女。しこめ。

ぶ‐おんな〔‐をんな〕【醜女】

容姿のみにくい女性。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しこめ【醜女】

容貌ようぼうのみにくい女。
黄泉よみの国のみにくく、恐ろしい女の鬼。 「即ちよもつ-を遣はして追はしめき/古事記

しゅうじょ【醜女】

容貌のみにくい女。しこめ。

ぶおんな【醜女】

容貌のみにくい女。しこめ。しゅうじょ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

醜女の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物中村 勘三郎(17代目)シャーリーズ セロンシャルル プリスニエ西施の顰みに倣うチャップリン男衾三郎絵詞ウンシャンしみったれドレスラープリニエ米原万里セネット鬼(き)鬼ここめ黄泉国古事記おかめ王昭君業平餅

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

醜女の関連情報