コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醜女 シコメ

デジタル大辞泉の解説

しこ‐め【醜女】

容貌(ようぼう)のみにくい女。しゅうじょ。
黄泉(よみ)の国にいたという、容貌のみにくい女の
「黄泉(よも)つ―を遣はして追はしめき」〈・上〉

しゅう‐じょ〔シウヂヨ〕【醜女】

顔のみにくい女。しこめ。

ぶ‐おんな〔‐をんな〕【醜女】

容姿のみにくい女性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこめ【醜女】

容貌ようぼうのみにくい女。
黄泉よみの国のみにくく、恐ろしい女の鬼。 「即ちよもつ-を遣はして追はしめき/古事記

しゅうじょ【醜女】

容貌のみにくい女。しこめ。

ぶおんな【醜女】

容貌のみにくい女。しこめ。しゅうじょ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

醜女の関連キーワード中村 勘三郎(17代目)源氏物語/おもな登場人物シャルル プリスニエシャーリーズ セロン西施の顰みに倣う男衾三郎絵詞チャップリンしみったれウンシャンドレスラー鬼(き)鬼ここめプリニエセネット米原万里業平餅オコゼおかめ黄泉国古事記

醜女の関連情報