無頼(読み)ブライ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐らい【無頼】

[名・形動]
正業に就かず、無法な行いをすること。また、そのさまや、そのような人。「無頼な(の)輩(やから)」
頼みにするところのないこと。
「単孤―の独人になりて」〈十訓抄・二〉

む‐らい【無頼】

ぶらい(無頼)」に同じ。
「―ノ党」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶらい【無頼】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「むらい」とも〕
定職をもたず、素行の悪い・こと(さま)。そのような人をもいう。ならずもの。 「 -の徒」
頼るところのないこと。 「単孤-の独人に成りて/十訓 2

むらい【無頼】

ぶらい(無頼)」に同じ。 「 -ノ党/ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐らい【無頼】

〘名〙 (形動)
① 頼みにするところのないこと。また、そのさま。
※小右記‐長和二年(1013)正月二〇日「徐目間欲令着鮮明下襲、無頼殊甚」
② 一定の職業を持たず、無法なことをすること。また、そのさまやその人。やくざ。
※日本後紀‐延暦二三年(804)一二月壬戌「無頼之輩、争事驕侈、尤剥斑犢、競用
※和俗童子訓(1710)一「もろこしにして、公儀の法度ををそれず、わが家業をつとめざるものを無頼(ブライ)と云」 〔史記‐高祖本紀〕
③ 期待通りでないものを、憎みののしっていう語。
※空華日用工夫略集‐応安四年(1371)二月二七日「小僧無頼、如何救得焉」 〔徐陵‐烏棲曲〕
④ やすんずることがないこと。くるしいこと。また、そのさま。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「また伯父の無聊無頼(ブライ)な惘々とした顔を見ると」 〔魏志‐華陀伝〕
⑤ 酒や女遊びにふけること。放蕩(ほうとう)
※遁花秘訣(1820)原序「問曰、痘瘡も無頼より起る諸病の如く起因有て伝染する病なるや」

む‐らい【無頼】

〘名〙 (形動) (「む」は「無」の呉音) =ぶらい(無頼)〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無頼の関連情報