無頼(読み)ブライ

  • むらい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 頼みにするところのないこと。また、そのさま。
※小右記‐長和二年(1013)正月二〇日「徐目間欲令着鮮明下襲、無頼殊甚」
② 一定の職業を持たず、無法なことをすること。また、そのさまやその人。やくざ。
※日本後紀‐延暦二三年(804)一二月壬戌「無頼之輩、争事驕侈、尤剥斑犢、競用
※和俗童子訓(1710)一「もろこしにして、公儀の法度ををそれず、わが家業をつとめざるものを無頼(ブライ)と云」 〔史記‐高祖本紀〕
③ 期待通りでないものを、憎みののしっていう語。
※空華日用工夫略集‐応安四年(1371)二月二七日「小僧無頼、如何救得焉」 〔徐陵‐烏棲曲〕
④ やすんずることがないこと。くるしいこと。また、そのさま。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「また伯父の無聊無頼(ブライ)な惘々とした顔を見ると」 〔魏志‐華陀伝〕
⑤ 酒や女遊びにふけること。放蕩(ほうとう)
※遁花秘訣(1820)原序「問曰、痘瘡も無頼より起る諸病の如く起因有て伝染する病なるや」
〘名〙 (形動) (「む」は「無」の呉音) =ぶらい(無頼)〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無頼の関連情報