コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深刻小説 シンコクショウセツ

4件 の用語解説(深刻小説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんこく‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【深刻小説】

人生や社会の悲惨な面を深刻に描き出す傾向の小説。観念小説とともに、日清戦争後の時代を背景にしたのが一特色。広津柳浪(ひろつりゅうろう)の「黒蜥蜴(くろとかげ)」など。悲惨小説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんこくしょうせつ【深刻小説】

文芸用語。悲惨小説ともいわれる。日清戦争後の1895‐96年(明治28‐29)ころ,観念小説とともにおびただしく世に出た人生の暗黒面を描いた小説をいう。死,貧窮,病苦などがもっぱら描かれる。代表的な作家は,広津柳浪で,《黒蜥蜴(くろとかげ)》《亀さん》(以上1895),《今戸心中》《河内屋》(以上1896)など,人生の悲惨を好んでとりあげた。《今戸心中》は名作として名高い。ほかに後藤宙外(1866‐1938)の《ありのすさび》(1895),江見水蔭の《女房殺し》(1895),《泥水清水》(1896),北田薄氷(きただうすらい)の《乳母》(1896),徳田秋声の《藪柑子(やぶこうじ)》(1896),小栗風葉の《寝白粉(ねおしろい)》《亀甲鶴》(以上1896)などがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんこくしょうせつ【深刻小説】

社会と人間の悲惨な状況や姿を写実的に描いた、明治30年前後の小説。広津柳浪の「変目伝へめでん」「黒蜴蜓くろとかげ」など。悲惨小説。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深刻小説
しんこくしょうせつ

人生、社会の悲惨、深刻な暗黒面の描写に主眼を置いた小説。「悲惨小説」ともいう。日本近代文学史では、日清(にっしん)戦争後、1895年(明治28)から3、4年間流行したこの種の小説群をさす。すなわち、95年の広津柳浪(りゅうろう)『黒蜥蜴(くろとかげ)』『亀さん』、後藤宙外(ちゅうがい)『ありのすさび』、江見水蔭(すいいん)『女房殺し』など、96年の柳浪『今戸(いまど)心中』『河内(かわち)屋』、北田薄氷(うすらい)『乳母(うば)』、小栗風葉(おぐりふうよう)『亀甲鶴(きっこうづる)』、97年の柳浪『畜生腹』などで、いずれも自殺や情死、絶望的な貧苦による暗澹(あんたん)たる境遇などを描き、写実主義の小説を前代よりも一歩深めたものとみなされた。が、その題材が偏り、人物も不自然に陥ったので、やがて「光明小説」「家庭小説」にとってかわられた。[岡 保生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深刻小説の関連キーワード比志島義輝観念小説限定戦争社会小説然も言われたり眠れる獅子悲惨小説陸奥宗光(むつむねみつ)(1844〜97年)土佐光持藤村道生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone