黒酢(読み)くろず

知恵蔵の解説

黒酢

」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろ‐ず【黒酢】

昆布または椎茸(しいたけ)を焼いてすりつぶし、酢を加えたもの。刺身・なますなどに用いる。
瓶(かめ)で自然発酵させた米酢の一種

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろず【黒酢】

昆布または椎茸の黒焼きをすりつぶして酢を加えたもの。刺身・膾なますなどにかけて用いる。
米を原料に、長時間かけて発酵・熟成させた酢。糖とアミノ酸が反応してできた色素によって黒っぽい色になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くろ‐ず【黒酢】

〘名〙
昆布または椎茸(しいたけ)を焼いてから、よくもみ、すりばちで細かにすって酢にまぜたもの。さしみやなますなどに用いる。〔料理早指南(1801‐04)〕
② 瓶(かめ)で自然発酵させた米酢の一種。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒酢の関連情報