コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎茸/香蕈 シイタケ

2件 の用語解説(椎茸/香蕈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しい‐たけ〔しひ‐〕【×茸/×蕈】

キシメジ科のキノコ。春・秋に、クヌギシイクリナラなどの広葉樹枯れ木や切り株に生える。傘は黒褐色茶褐色。代表的な食用キノコで、人工栽培もされる。 秋》「―に時雨(しぐ)れぬ日とてなかりけり/たかし

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しいたけ【椎茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。ナラ・クヌギ・シイ・クリ・カシなどの枯れ木に生えるが、人工栽培もされる。傘は径6~10センチメートル。肉質で弾性があり、上面は淡褐色から黒褐色。食用。乾物は香りが高い。 [季] 秋。
「椎茸髱たぼ」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone