黒須 康之介(読み)クロス コウノスケ

20世紀日本人名事典の解説

黒須 康之介
クロス コウノスケ

大正・昭和期の数学者



生年
明治26(1893)年2月

没年
昭和45(1970)年2月18日

出生地
埼玉県

学歴〔年〕
東京物理学校,東北帝国大学理科大学数学科〔大正6年〕卒

経歴
大正6年海軍機関学校嘱託教授、8年教授。14年東京高等学校教授となり、昭和16年退職。同校講師を経て24年立教大学理学部教授となった。33年定年退職。解析学、とくに変分法ですぐれた業績をあげた。著書に「最大最小」「微分積分学」(共著)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android