黒須 康之介(読み)クロス コウノスケ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の数学者



生年
明治26(1893)年2月

没年
昭和45(1970)年2月18日

出生地
埼玉県

学歴〔年〕
東京物理学校,東北帝国大学理科大学数学科〔大正6年〕

経歴
大正6年海軍機関学校嘱託教授、8年教授。14年東京高等学校教授となり、昭和16年退職。同校講師を経て24年立教大学理学部教授となった。33年定年退職。解析学、とくに変分法ですぐれた業績をあげた。著書に「最大最小」「微分積分学」(共著)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android