鼻毛を読む(読み)はなげをよむ

精選版 日本国語大辞典「鼻毛を読む」の解説

はなげ【鼻毛】 を 読(よ)

が、自分におぼれているを見ぬいて、思うようにもてあそぶ。鼻毛を数える
※評判記・嶋原集(1655)「やきてのの葉は、たわけの鼻毛をよみて」
② 愚弄する。なぶる。
※浮世草子・好色通変歌占(1688)「あたらもとめにくき金銀をつかいながら、太鼓にもはなげよまれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鼻毛を読む」の解説

鼻毛はなげ・む

女が、自分にほれている男を思うように操る。鼻毛を数える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android