鼻毛を読む(読み)ハナゲヲヨム

大辞林 第三版の解説

はなげをよむ【鼻毛を読む】

女が自分にほれている男の心を見すかして翻弄ほんろうする。鼻毛を数える。 「恐入つたと、-・まして讃めて遣るんだ/婦系図 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はなげ【鼻毛】 を 読(よ)

① 女が、自分におぼれている男を見ぬいて、思うようにもてあそぶ。鼻毛を数える。
※評判記・嶋原集(1655)「やきての言の葉は、たわけの鼻毛をよみて」
② 愚弄する。なぶる。
浮世草子・好色通変歌占(1688)「あたらもとめにくき金銀をつかいながら、太鼓にもはなげよまれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android