コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻翼 ビヨク

デジタル大辞泉の解説

び‐よく【鼻翼】

鼻のあたまの両側にあり、ふくれている部分。小鼻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びよく【鼻翼】

鼻の先の、左右両端にふくれている部分。こばな。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鼻翼の言及

【鼻】より

…外鼻の下方は軟らかくよく動く部分で,鼻軟骨からなる。鼻軟骨には外側鼻軟骨と大鼻翼軟骨がある。外鼻の表面は皮膚でおおわれ,上方から鼻根,鼻背(はなすじ),鼻尖(びせん)(はなさき)と呼び,前鼻孔を取りかこむ左右の部分を鼻翼(こばな)という(図1)。…

※「鼻翼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鼻翼の関連キーワード慾・抑・欲・沃・浴・翌・翼鼻のしくみとはたらきオーストラリア先住民リーシュマニア症ホモゲンチジン酸鼻づまり・鼻血子どもの肺炎三叉神経痛呼吸中枢身体変工外鼻奇形表情筋装身具ゴリラ死戦期鼻出血鼻示数鼻の先胡坐鼻こば

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android