コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

齝む ニゲカム

デジタル大辞泉の解説

にげ‐か・む【×齝む】

[動マ四]食物を反芻(はんすう)する。
「食ひ已れば―・む」〈霊異記・下〉

にれ‐か・む【×齝む】

[動マ五(四)]牛などが、かんで一度飲み込んだ食物を再び口に戻してかむ。反芻(はんすう)する。
「人が皆―・むと云うことをする動物のように」〈鴎外灰燼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にげかむ【齝む】

( 動四 )
反芻はんすうする。にれかむ。 「食ひ已れば-・む/霊異記 下訓注

にれかむ【齝む】

( 動四 )
牛・羊などが一度のみこんだ食物を再び口に戻してかむ。反芻する。 「 - ・むと云ふは物を食ふが嚙み垂れ嚙み垂れするを云ふぞ/毛詩抄 11

ねりかむ【齝む】

( 動四 )
〔「ねりがむ」とも〕
反芻はんすうする。にれかむ。 〔運歩色葉集〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

齝むの関連キーワード運歩色葉集詩抄食物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android